義歯 バルプラスト

バルプラストとは

バルプラストバルプラスト義歯は金属のバネをつかわない部分床義歯。
1956年にアメリカで開発されて以来、欧米を含む世界95カ国以上で認められたノンクラスプデンチャーです。

歯の表面に金属バネがないので、口の中にいれても入れ歯と気付かれません。また、ナイロン12スーパーポリアミドという素材で作られています。

バルプラストは壊れにくく、入れ歯の厚さがかなり薄くできるので装着感がよく、一般に入れ歯にアレルギー反応をお持ちの患者様にも安心してお使いいただけます。

1956年にアメリカで開発されて以来、欧米を含む世界95ヵ国以上で認められたバルプラストの、日本での薬事認証は2008年4月9日認証されました。

類別歯科材料03義歯材料 商標登録第5075567号(T5075567)
一般名称義歯床用熱可塑性レジン 登録日平成19年9月7日
販売名バルプラスト110レジン 商標登録第5086637号(T5086637)
薬事認証平成20年4月9日 登録日平成19年10月26日
認証番号220ADBZX00061000

バルプラストの特徴

バルプラスト歯の表面に金属クラスプ(バネ)が無いので口腔内に入れても義歯とは気づかれないナイロン系のスーパーポリアミドという素材で作られるバルプラストは、壊れにくくまた、モノマーを使用しない為、アレルギーの心配が少ないのが特徴です。

修理におきましても、ナイロン系では困難とされていた部分的な増歯や維持装置の追加もリペアー液の薬事認証に伴いラボサイドで修理が可能となりました。


物性比較

物理的特徴 アクリルレジン バルプラスト
比重 1.16~1.20 1.04
吸水率(24時間) 0.4% 0.4%
水に浸す事による飽和 1.4% 1.2%
ヤング率(kgf/mm2 280 150~180
張力(kgf/mm2 5~7 8
圧縮強さ(kgf/mm2 8.6 10.5
曲げ強さ(kgf/mm2 8.5 8~10
ビッカーズ硬さ 20 14.5
衝撃強さ(kgf/mm2 10.5 120~150
酸、アルカリに対する強さ 弱い 非常に強い


バルプラスト製作の流れ

製作の流れ図


修理について

バルプラストは今お使いの義歯に増歯や増床、リベース(改床)が可能です。
平成22年4月にV-リペア(義歯床用接着材料)の認証を受け、代理店における修理が可能です。

増歯、維持装置修理

増歯、維持装置修理の場合の必要なもの

  • 取り込み印象(バルプラストが入っているもの)
  • 新規の印象(鉤歯・粘膜面が明確に取れているもの)
  • 対合歯
  • バイト

以上の5点をお願い致します。

リベース

リベース(改床となります)の場合の必要なもの

  • 新規の印象(鉤歯・粘膜面が明確に取れているもの)
  • 対合歯
  • バイト(ロー堤等、顎位のわかるもの)
  • 今ご使用のバルプラストデンチャー

以上の4点をお願い致します。



調整について

  • セット前は、3~5分間熱湯にひたして柔らかくしてからセットして下さい。
  • 調整は、ダイヤモンドポイントで行って下さい。
    出たバリは、角度を変えることにより、簡単に取り除く事が出来ます。
  • 仕上げにはシリコンポイント#13、もしくはビックポイントで行ってください。
  • 切削時に、熱を出さないように注意してください。

調整方法



バルプラスト症例紹介

バルプラスト症例



バルプラストカードについて

バルプラスト義歯完成時には、バルプラストの義歯は国内の国家資格を有する歯科技工士が全て品質管理のもと製作している証と致しまして、バルプラストのロット番号を表示したバルプラストカードを発行する様になりました(平成23年3月より)。尚、バルプラストカードは正規代理店のみが発行可能です。くれぐれも、バルプラストの名称を使用した類似品にはご注意ください。

バルプラストカード

このカードは正規のバルプラスト義歯である証明書になります。


入れ歯洗浄剤について

V-パワークリーンバルプラスト義歯の洗浄は、バルプラスト義歯専用洗浄である「V-パワークリーン」をご使用ください。

デンチャークリーニング(再研磨)
使用洗浄剤で除去できない汚れにつきましてはデンチャークリーニング(再研磨)をお勧めしています。義歯をお預かりし、クリーニング後にご返却致します。

V-パワークリーンの使い方

使用上の注意

  • 食品ではないので食べられません。
  • 万一飲み込んだ場合には、水を飲ませるなどの処置をし、医師に相談してください。
  • 銀含有率の高い金属を使用している義歯の場合は、直ちに使用を中止してください。
  • 湿気の少ない涼しい場所で保管してください。
  • 高湿となる場所には置かないでください。

V-パワークリーン抗菌力試験報告書
V-パワークリーン毒性試験報告書



エステショット

材 質
  • ポリエステル共重合体
  • 理工学物性
    (曲げ強度:約75MPa / 曲げ弾性率:約2000MPa / 吸収性:従来のアクリル樹脂の1/3で低吸収)
補 修
  • リライニングや補修ができる常温重合型との良好な接着性
  • チェアサイドで即時重合レジンの修理が可能
装着感
  • 適合精度が良い為装着感がとても良い
  • 弾力性がある義歯の中でも最も適合性が良い為装着感が良い
性 能
  • 安定して使い続けられるように残留モノマーや溶出物を低減
  • 審美性を損ないにくく低吸収性
  • 金属床とのコンビネーションが可能

エステショット



よくある質問

修理は可能ですか?
可能です。ただし直接口腔内での増歯、リベースはできませんので、模型をお預かりしての当社での作業となります。
金属とのコンビネーションはできますか?
できます。近年では、レスト・補強線から金属床やバーなどを用いたコンビネーションが増えてきております。
クリアランスの少ない症例は?
人口歯を入れるには粘膜面と対合歯とのスペースが最低5mm必要となります。
5mmより少ない場合にはバルプラスト樹脂で咬合させる場合があります。
FDはできますか?
バルプラストでのFDはメリットがありませんのでおすすめいたしません。
バルプラスト以外の材質の物をおすすめしております。
アレルギーの患者でも大丈夫ですか?
レジンや金属によるアレルギーをお持ちの患者様にも喜んでご使用されております。
人工歯と接着するのですか?
人工歯とバルプラストは化学的には結合いたしません。
その為、人工歯に機械的な維持を付与し、バルプラストと連結しております。
陶歯は使えますか?
お断りしております。
洗浄剤は何でも使えますか?
バルプラスト専用の洗浄剤「V-パワークリーン」を発売しているので、そちらをご使用下さい。
バルプラストは海外で作っていますか?
2008年4月9日に旧バルプラストジャパン(現ユニバル)により薬事認証を受け、国内製作が可能となりました。
尚このバルプラストは正規代理店・販売店のみがお取り扱いする事ができます。
専用の研磨材があるのですか?
あります。専用の研磨材はユニバルにて販売しております。
片側処理が可能な本数は?
基本的には3本欠損までとなります。
磁性アタッチメントとの併用は?
可能です。磁性体の固定は即時重合レジンにより口腔内で行います。
着色はあるのですか?
カレー・珈琲・ウコン等を食される場合、バルプラストへの着色が認められることが多いです。
これらを好まれる患者様の場合は、毎食後ただちにバルプラスト義歯及び口腔内の洗浄をお勧めします。
義歯の研磨(クリーニング)について
バルプラストはキズがつきやすいのが欠点となります。その為、定期的なクリーニング(研磨)をお勧め致します。
維持力低下について
毎日の着脱による磨耗で維持力が低下する事はあります。
模型から外しづらい時について
模型から外しづらい時は、模型ごとお湯につけていただくと外しやすくなります。
V-パワークリーンは一般の義歯にも使えるのですか?
銀を含む合金をご使用の義歯は黒変するおそれがあります。
設計の指示について
参考模型等によりご相談させていただきます。
バルプラストの禁忌症について
片側4本欠損以上、FD、鉤歯にアンダーカットがない場合、クリアランスが極端に少ない場合。
洗浄剤の購入方法について
取り扱い歯科医院にて、お求め下さい。
印象方法について
アルギン酸等による圧の少ない印象材でお願い致します。
バルプラスト取り扱い歯科医院について
お問い合わせいただければ、ご紹介致します。
バルプラストの取扱について
歯科技工士の方でお取扱希望の方は、お問い合わせ下さい。

バルプラストに関するお問合せ